ステンレスでも破損をすることはある

台所のシンクで多く用いられているステンレス製品

東京都内の修理隊

ステンレス製のシンクでも水漏れを誘発させることがある

普段使っていても損傷しにくいし簡単に壊れることがないにが台所に設定されているシンクです。しかし、扱いが乱雑であったりした場合には、さまざまな要因や原因によって破損をすることがあります。

都内の修理対象エリア
品川区 豊島区 江東区 目黒区 世田谷区
水のトラブル解決
中野区 練馬区 板橋区 杉並区 台東区

例えば、
経年劣化
システムキッチンや台所の流し台・シンクに多く素材として用いられているのがステンレスです。ステンレスは、元々、耐久性がある素材として多くの方に知られていますが、決して錆ないというわけでもありません。また、水まわり製品ですからご使用になられている期間とともに金属疲労や腐食が進行していくことを考慮する必要があります。
衝撃によって不具合が生じる
耐久性に優れているステンレス製のシンクであっても積み重なる衝撃などによる些細なことでダメージが蓄積されていきます。鍋や食器を洗っているときに落下させてしまったりと、シンクに衝撃が加わり傷がつくなどの可能性も排除することができません。また、調理中に使う包丁や調理道具など鋭利なアイテムも同様でシンクにダメージを与えてしまう要因となってしまいます。
塩素系漂白剤による使用上のダメージ
さびにくいと言われているステンレスでありますが、塩素系漂白剤の使用方法を誤るとダメージを与えてしまう事態になってしまうことがありますので注意が必要となってきます。塩素がステンレスの表面にコーティングされた膜を剥がし、サビてしまう原因につながることがあるからです。
汚れを放置し続けるダメージ
シンクに汚れが付着したまま放置し続ける場合もサビを誘発させてしまう原因となります。汚れたままにしておくことでシンク表面の剥がれたコーティング部分から浸食するためで次第にさびていき損傷を起こす原因となってしまいます。


都内の修理対象エリア
足立区 文京区 江戸川区 荒川区 新宿区
緊急の修理対応
葛飾区 千代田区 渋谷区 墨田区 大田区
東京都港区 東京都中央区

当社からのご案内

修理対応手順

料金一覧

緊急水道修理業者