お風呂場で蛇口を取り付ける条件

同形状にあったもの以外取り付けることが困難である

東京都内の修理隊

お風呂場の蛇口の区別

お風呂の蛇口は、大きく分類して3種類に区別することができます。それぞれ不具合が起きた時や水トラブルが起こりやすい原因についても似通っていますが修理・交換方法が異なってきます。
分類した3種類の蛇口についてご紹介しておきます。
●ツーハンドル混合水栓
お湯と水のハンドルが分かれているタイプの蛇口です。2つのハンドルでお湯と水の量を調節して温度調整をする必要があります。ツーハンドル混合水栓で多い水漏れの原因としては、ハンドル部分のゴムパッキンや劣化や袋ナットの緩み。あるいは、三角パッキンです。
●シングルレバー混合水栓
レバーで出したり止めたりする蛇口のことです。水量と温度を同時に調節でき、台所や洗面台でも使われているタイプです。シングルレバー混合水栓の内部には、お湯と水の切り替えをおこなうバルブカートリッジが組み込まれています。カートリッジが不具合を起こしたりすると水が漏れやすくなります。カートリッジはメーカーや型番によって取り外し方が異なるので分解に自信がない方は修理業者に依頼することを一考してください。
●サーモスタット混合水栓
お風呂場で使われている温度調節のレバーと水量調節のレバーが分かれているタイプの蛇口です。水漏れの原因で多いのがゴムパッキンの劣化、バルブカートリッジの摩耗などが大多数です。サーモスタット混合水栓は構造が複雑なので分解に自信がない方は、分解しないでください。また、分解の途中で元に戻せなくなっても専門業者であっても組みなおすことができないことも少なくありません。


都内の修理対象エリア
品川区 豊島区 江東区 目黒区 世田谷区
水のトラブル解決
中野区 練馬区 板橋区 杉並区 台東区
足立区 文京区 江戸川区 荒川区 新宿区
緊急の修理対応
葛飾区 千代田区 渋谷区 墨田区 大田区
東京都港区 東京都中央区

当社からのご案内

修理対応手順

料金一覧

緊急水道修理業者