水道設備の不具合を考えてみる

その場に応じた解決策がある

東京都内の修理隊

水道設備の故障は、善後策を考えて対処すると良い

蛇口や水栓の接続部分から水漏れがおきている場合には、内部部品の劣化や破損が考えられます。まずは、どこから水が漏れているか見極めてからそれに見合った対処方法がありますので原因を探るのが最前提となってきます。
蛇口が不具合を起こす原因として多いのがカートリッジ・ケレップ(パッキン)の劣化やバルブの故障がほとんどです。これらの部品を交換しても水漏れが解消されない場合もありますが、その時は、蛇口本体に何らかの亀裂や割れなどがあり水漏れを起こしいている可能性があります。
古いタイプの蛇口をお使いの場合には、修理するよりか交換をした方が利点があるということも少なくありません。大手製造メーカーの公示では、耐久年数が10年程度と公示されていますので最新の蛇口に交換してみてはいかがでしょうか。
尚、賃貸の場合には、まずは管理会社や大家さんに連絡をして判断をしてください。ほとんどの場合は、建物の所有者が修理か交換する費用を負担してもらえることができます。
また、水漏れを予防するには、小まめな掃除や日ごろのメンテナンスが大事です。流し台やシンクの排水口は水が流れていく入り口となりますので汚れやモノなどが流れていく場所でもあり小まめにゴミを取り除く必要があります。
また、パイプ洗浄剤を定期的に流して詰まりを予防することもメンテナンスとして有効でですが。当社では、台所の流し台のメンテナンスとしてお伝えしていることは、洗い物が終わった時に桶1杯の水を排水口に流すことで予防ができるとお伝えしております。
水トラブルを防ぐためには、各部部品が緩んでいないか?部品が破損していないか?などを見極めるためにも小まめな清掃をすることで見極めることができると考えています。また、水が漏れているときには、慌てずに止水栓を閉めてから水道修理業者に連絡をするようにご案内しております。



東京23区担当スタッフのコラム
異物で排水管が詰まった 悪臭の原因について
流し台が詰まった悪臭 お風呂場に用いられる蛇口
浴室で悪臭が発生する箇所 衛生面の不安に直結する

当社からのご案内

修理対応手順

料金一覧

緊急水道修理業者