床の水漏れが発生したらどうすればいい

止水栓を閉じて様子をみてから即対処する

東京都内の修理隊

思いがけない水漏れが発生してしまった時の考え方

シンクや流し台の床下で水漏れを見つけたら、まずは、止水栓を閉めましょう。システムキッチンならシンクの下、洗面所なら洗面台の棚の奥にあります。トイレの止水栓は、トイレのタイプによって設置場所が異なりますが、タンクがあるなら床か壁面、タンクレスなら便器の後ろ部分に設置されています。
止水栓を閉じることで給水が止まりますから、止水栓から蛇口までのあいだで水漏れがしているのであれば止められます。もし、止水栓を閉じても水漏れがしているのであれば水道の元栓を閉じることで給水がストップし被害を防げます。
大多数の場合で蛇口付近から水漏れがして生きていることが多く止水栓よりも元栓側の給水管が破損しているケースは、比較して少ないといえるでしょう。この場合には、止水栓を閉めても水漏れが止まらないようでしたら、大惨事になる前に元栓を必ず閉めましょう。
元栓は集合住宅なら玄関ドアの横にあるパイプスペース内に設置されていることがほとんどです。戸建て住宅なら敷地内に埋まっているボックスの内側にあります。

都内エリア紹介
足立区 文京区 江戸川区 荒川区 新宿区
電話の水まわり相談
葛飾区 千代田区 渋谷区 墨田区 大田区
東京都港区 東京都中央区

集合住宅に住んでいる場合には、早い段階で管理会社に連絡をして水漏れしていることを伝えて指示通りにしてください。そして、管理会社と今後の対処を相談し必要なら下の部屋の住人にも連絡をします。賃貸にお住いの場合には設備上の水トラブルですから貸主側が修繕をしてくれます。ただし、賃貸契約書に書かれている通りですので、この限りでありません。
戸建て住宅の場合は水漏れの原因を考えましょう。自分で解決できそうにない水トラブルなら水道業者へ。自力解決できそうなら対処して問題ありませんが心配なら水道修理業者を呼ぶのが賢明だと思いますので一考してください。

当社からのご案内


都内エリア紹介
品川区 豊島区 江東区 目黒区 世田谷区
水のトラブル解決
中野区 練馬区 板橋区 杉並区 台東区

修理対応手順
料金一覧
緊急水道修理業者